« 「星落秋風五丈原」解釈 | トップページ | 日本を洗濯致したく候…龍馬2 »

2006年8月 1日 (火)

日本を洗濯致したく候…龍馬1

2006_03150001

幕末と云えば、鎌倉幕府の末期、室町幕府の末期、江戸幕府の末期とあるが、普通、我々が幕末と称するのは、江戸末期、明治維新の夜明けの事である。
今回は、この時代に焦点を当て、坂本龍馬を活写したいと思う。
時代の歯車を動かすのも、その時代に衝き動かせられるのも、人間である。
人生五十年と称されているけれども、この時代の先駆者は、二十代、三十代で、その生涯を閉じている。
その屍を乗り越えて、司馬遼太郎の「坂の上の雲」に描かれている明治人が、後に続いた日本であった。
新撰組を滅びの美学と云うけれど、時代を先取りする志士達の、破壊、建設も、同時代人にとっては、相当な苦難を強いられた事であろう。
革命と云わないまでも、変革、改革と云うものは、多大な犠牲の上に成り立つものであり、この時代、それを一番よく理解していたのが、龍馬であった。
人権の今の世と違って、当時の支配層、被支配階級にとっては、破壊する事に、気を遣う人物は、稀であったと云う事だろう。
日本を洗濯とは、多分に、西洋的な、もの云いだが、この時期もそれ以後も、こう云う表現を使った人物は居ない。
蓋し、稀有な表現家である。
以後、彼の人生を追憶していく事にしよう。

弘化3年(1846年)、初夏の昼下がり、高知城下の商家の大店と見まがう庭先に、この家の末弟の少年が、ベソをかいて帰って来た。
3歳年上の姉、乙女が、目ざとく、それを見つけると、
龍馬、おまん、また苛められて、泣いちゅうか。」
「何も泣いちゅらん。」
慌てて、龍馬は、右手の袖で目を拭いた。
この時、龍馬は、十歳である。
「そうか、泣いちょらんか。では、早よう、井戸で顔を洗って、木刀を持ってきいや。剣術の稽古をするきに。」
根が繊細で優しく臆病だった、この少年の幼少期の指南役は、望むと望まぬとに係わらず、乙女であった。
龍馬達の母・は、龍馬を生んだ後、肥立ちが悪く、病臥に伏していたが、この年、亡くなっていたのだ。
幸い、乙女は、母性本能を善く発揮し、龍馬に愛情を注ぎ込んで、育てていたのだ。
坂本家の三女である乙女は、典型的な土佐の八金で、名前に似合わず、大女で、坂本の御仁王様と呼ばれて、敬愛とも畏怖とも付かぬ目で見られていた。
だから、弱々しい龍馬が、歯がゆくて仕方が無かった。
龍馬、思い切り、打ち込んできいや。」
「えい!やあ!」
襷掛けで、着物の裾が乱れるのも構わず、小一時も、稽古は続いた。
この様子を縁側で見ていた次姉のお栄
「まあ、乙女の八金ったら。はしたないっちゃ、ねえ、春猪。」
言葉とは裏腹に、微笑みながら、傍らにちょこんと座った姪に語りかけた。
この頃、坂本家の当主は、二十以上も歳の離れた、長兄の権平が継ぎ、父の八平は既に隠居していた。
長姉の千鶴は、既に高松家に嫁し、次姉のお栄、三姉の乙女、兄嫁の千野、姪の春猪(はるい)との七人家族であった。
龍馬と姪の春猪は、数歳しか離れていない。
この頃になっても、よく寝小便をしていた龍馬は、
「叔父ちゃん、また、よばったれしちゅう。」と、よくからかわれた。
「春猪は、よばったれしないんがじゃ。」
「しないっちゃ。」
「ふーん。子供じゃのに、なぜじゃっち。」
子供は、寝小便するものと思い込んでいる龍馬は、本当に不思議だった。
龍馬の家は、数代前までは、城下有数の大店(才谷屋)で、郷士株を買い取り、分家して、坂本家と云う武士身分になっていた。
ご多聞にもれず、江戸時代の土佐藩も複雑で、遠州・掛川より転封してきた、山内家の家臣が上士で、土着の長曾我部家の残党が下士の郷士と云う、身分構成になっていた。
上士と下士の差は絶対で、道で行き交う場合、郷士は農民と同様、地べたに土下座をしなければならなかった。
殿様に御目通りは元より、下駄を履く事も叶わなかった。
自然、郷士の暮し向きは貧しかったが、龍馬の坂本家は、元豪商の出、金に困る事は無かった様だ。
この上士と下士の間に、特別優秀・功績のあった郷士が取り立てられて、白札と云う制度が設けられていたが、それとて、決して上士には成れなかった。
白札は、御庭で御目通りも叶ったし、下駄を履く事も許されたが、それ以上ではなかった。
因みに、後に土佐勤王党を結成した武市半平太瑞山は、この白札に属していた。

|

« 「星落秋風五丈原」解釈 | トップページ | 日本を洗濯致したく候…龍馬2 »

コメント

ミサキさん。
メールありがとうございます。
拙い想い入れ文章ですが、よかったら、リンクさせて下さい。
今後とも、よろしくお願いします。

投稿: れきしんとん | 2006年8月 2日 (水) 12時59分

れきしんとんさま、
はじめまして。甲斐ミサキと申します。
自サイト《ミナソコノ住人》にて、『ココログで読める小説群』と題し、ココログ内で発表されている小説の蒐集と紹介を行っております。このたび貴サイトへのサイト、小説へのリンクをお願いしたいと思うのですが、掲載許可願えると幸いに存じます。

それでは失礼しました。

投稿: 甲斐ミサキ | 2006年8月 1日 (火) 18時29分

この記事へのコメントは終了しました。

« 「星落秋風五丈原」解釈 | トップページ | 日本を洗濯致したく候…龍馬2 »